Blog

ぶっちゃけバスト裏バナシ 〜バストの大きさは遺伝?〜

美人バスト初回限定コース

バストのお悩み

女性にとって永遠のテーマとも言える「バスト」。

特にバストの小さい女性は

 

「うちはお母さんも胸小さかったから、多分遺伝だから私も大きくならないんだろうな。

「お母さんもお姉ちゃんも胸が大きいのに、どうして私の胸は小さいの?」

「遺伝だからバストが小さいのは諦めてる…」

 

バストにコンプレックスを持っている女性は

バストの大きさは遺伝のせい?と考えたこともあるのではないでしょうか。

 

 

小さいバストのせいで自分に自信が持てないと悩んだり、温泉や好きなお洋服に自信が持てない時も多いかと思います。

 

そんな女性の魅力の1つであるバストですが、なぜ大きい小さいなどの個人差があるのでしょうか?

そしてバストの大きさは遺伝で決まっていると思われているのでしょうか?

本当に遺伝でバストのサイズは決まってしまうの?

 

そんなバストが小さくて悩んできた女性のバストを育ててきた

バストサロンだからお伝えできる、バストの裏バナシを解説していきますね。

最後には「小さいバストが遺伝で諦めていた」、そんな女性必見のバストを大きくする方法をご紹介します。

 

バストの大きさは遺伝するの?

バストと遺伝

身体の一部であるバストは親などの遺伝が全てでしょうか?兄弟で似てしまうのでしょうか?

 

その答えは「遺伝の影響はわずか」ということです。

 

これは具体的に医師の研究データでは、バストの遺伝は約30%と言われています。

バストも身体の一部であるため、数なからず遺伝の影響を受けますが、それは“顔の輪郭が似ている”“身長がある一定の高さになる”“体型が太りやすいや太りにくい”などと同じ意味合いになります。

遺伝から受け継がれる部分で言うと、バストは脂肪で形成されるので、太りやすい人はバストが大きくなりやすいところでしょう。

 

しかし、実際にはお母さんは大きいけど子供は小さい親子、胸の大きさが違う親子もいますよね。

ですので、『遺伝』でサイズがきまるのではなく、体質などの影響はありますが直接的にバストの大きさと遺伝は関係がないのです。

 

ではバストの大きさはどうやって決まるのでしょうか?また思春期を過ぎてもバストは大きくなるのでしょうか?将来の大きさはどのように決まっているのでしょうか。

 

バストの大きさは生活習慣で決まる

バストの大きい小さいを決めるのは「生活習慣」です。

あなたの日々の生活の中にバストが大きくなるヒントが隠れています。

 

バストが大きくなる仕組み

バストの大きさは、バストの仕組みを理解することで知ることができます。

 

バストの中にある「乳腺」とその乳腺を守るように周りについている「脂肪」の量、「筋肉」によって決まります。

この脂肪:乳腺の割合は通常1:9の比率ですので、この割合が多いほど、バストは大きくなるということになります。

乳腺は女性が出産し子供を育てるためにお乳を分泌するなど女性にとって重要な役割をしていますが、実は男性にも乳腺はあるんです。

人間の女性のお胸がふくらむのは『妊娠できる体』に成長した証として、男性に向けたアピールのためであると生物学的には考えられています。

 

女性の身体は乳腺を守るために、乳腺の周りに脂肪がたくさんあることでボリュームのあるバストになります。

乳腺は人によって太さに違いがあり、この乳腺がどの程度発達しているかで、周りにつく脂肪も増えるため、バストの大きさは「乳腺の数」によって決まるということになります。

 

 

乳腺と女性ホルモン

バストの大きさを決める乳腺ですが、この乳腺が発達していくためには「女性ホルモン」の分泌量に違いがあります。

女性ホルモンには乳腺を発達さえる働きがあるため、女性ホルモンの分泌量が多い女性は乳腺が発達し、バストが大きくなります。

 

女性ホルモンの分泌量に大きく影響するのが「あなたの毎日」=生活習慣やストレスになります。

女性ホルモンは非常にデリケートで、睡眠時間やストレスでバランスが崩れやすくなってしまいます。

そんな女性ホルモンとバストが関係するということは、思春期までにバストが大きくなる女性は、18歳までの成長期に正しい生活習慣を送れていたと言えるんですね。

必然的に成長期までにホルモンの分泌に良い生活を送っていれば、大人になればある程度の大きさのある身体になるということです。

 

鍵をにぎるのは女性ホルモン

「バストは思春期から成人期にかけて女性ホルモンの分泌量によって大きくなる」

その結果、バストの大きさが左右されてしまうのですが、ではなぜ人によって女性ホルモンの分泌量が違うのでしょうか?

 

・過度な運動やダイエット

・ストレス

・睡眠や生活リズム

 

特に思春期は影響を受けやすく、女性ホルモンの分泌量に違いがあることもあるのです。

 

ここまでバストの仕組みがわかったところで、「乳腺」を増やし、「女性ホルモン」にアプローチすることでバストは大きくなるということですよね。

では実施に「遺伝だと思い込んで諦めていた」、そんな女性にバストを大きくする方法をご紹介します。

 

体質改善してバストを大きくしよう

バストの大きい小さいの真相、バストを大きくするための仕組みがわかりましたが、20歳を超えた大人になってもバストを大きくすることはできるのでしょうか?諦めなきゃいけないのでしょうか?

 

諦める必要はありません!

サロンの多くの女性が30代〜50代でもバストは大きく育てることは可能です。

 

そのためには体質改善をして、女性ホルモンを活性化させること。

正しいバストケアの「方法」と「順番」でバストを大きくしていきましょう。

バストのための食事

 

正しい食生活をすることでバストに必要な栄養素を取り入れ、女性ホルモンへアプローチできるお食事になります。

朝ご飯を食べない女性も多いのですが、欠食してしまうとバストアップに必要な栄養素が足りなくなってしまいます。

バストにはタンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルのバランスがとっても大切になります。

朝はヨーグルトやフルーツでも良いので、3食しっかりとバランスの良い食事を食べましょう。

 

ストレスを溜めない

ストレスは女性ホルモンのバランスを崩す要因となります。

自分に合ったストレス発散方法を身につける、日常生活でストレスを溜めないようにしましょう。

また、しっかりとした睡眠をとることで自律神経も整いますので寝不足は要注意です。

 

締め付け過ぎない

自分に合っていない下着や締め付けの強いものを身につけてしまうと、血流が悪くなりバストは大きくなりません。

それどころか肩こりや呼吸を浅くしてしまう要因にもなるので、下着を外して赤く跡が残っているものは選ばないようにしましょう。

 

乳腺のマッサージで大きくする

乳腺を大きくする方法は食事だけでなく、マッサージもかなり効果的です。

ブラジャーを着ていない状態で、お胸を両手で包みこみ、優しくマッサージしてあげましょう。

この時にバストクリームなどを付けて行うとよりバストアップに繋がりますよ。

 

結論「バストの大きさは遺伝ではない」

 

女性のバストの大きさは遺伝ではありません。

勿論遺伝の影響は多少はあります、今のあなたのバストのサイズを決めているのは生活習慣や食事です。

バストアップする秘訣は乳腺と脂肪を増やすことからです。

 

そして乳腺を大きくするためには女性ホルモンへのアプローチも欠かせませんので、今の生活を見直してみてくださいね。

 

今からでもバストアップは叶います♡

バストアップして自信のある身体を目指して頑張りましょう。

この記事を書いたサロン

美人バスト本店

– 美人バスト本店– 

東京吉祥寺にある美人バスト本店です。 バストアップ施術の他、フェイシャルやダイエットメニューも取り揃えています。美人バスト技術を導入したい方はスクール事業にお申込みください。 CONTACT

- CATEGORY -

All blog