Blog

コーヒーはNG!?おっぱいを大きくする効果的な飲み物

美人バスト初回限定コース

「コーヒー」が育乳に良くない?

朝の目覚ましの1つとしてコーヒーを飲んだり、カフェではさっぱりアイスコーヒー、お仕事と一緒にコーヒを飲む習慣がある方も多いと思います。

しかし残念ながらバストアップを目指している女性には注意してほしいことがあります!!

 

海外の研究では、バストサイズが小さい女性の半数以上が、コーヒーの愛飲者とういうデータがあります。実際にスウェーデンの大学から、『1日に3杯以上のコーヒーを摂取する女性は、それ以下の女性に比べ、バストサイズが17%小さくなる』、コーヒーがバストの発達に悪影響を与えている!という結論が発表されているのです。

 

なぜコーヒーが育乳を邪魔するの?!

 

コーヒーに含まれる“カフェイン”がバストには悪影響なのです。

  • 脳を興奮、覚醒させる働き
  • 身体の水分を出してしまう利尿作用
  • 血管を収縮させてしまう働き

カフェインが身体にもたらす働きは、意外と知られていませんがバストアップを妨げることもあるのです。

 

脳を興奮、覚醒させる働き

カフェインには交感神経を高める働きがあります。カフェインを摂取をすると、夜に眠れなくなってしまうのは、この作用が働くから。すぐに脳を起こたい時や、スッキリしたいときにコーヒーを飲むことで、交感神経を刺激します。自律神経は環境に適した形でバランスを取っているのですが、カフェインにより交感神経が過剰に働いていると、バランスを崩れます。そうすると、バストアップに必要な女性ホルモンの分泌の妨げとなり、結果的にはバストが小さくなります。

身体の水分を出してしまう利尿作用

カフェインの利尿作用は、身体の中の水分を外に出してしまうので、バストを育てるための必要な水分や栄養を必要以上に排出してしまうことになります。そうすると気が付かないうちに栄養吸収がうまくできず、身体の中で脱水が起こってしまうので、カフェインの摂りすぎには気をつける必要があるのです。

カフェインがバストに与える影響

❶バストは9割以上が脂肪なので、飲みすぎると脂肪が燃焼してしまう

❷カラダを冷やす効果がある

❸副腎が疲れてしまい女性ホルモンの分泌量が減る

結果として、バストを大きくするためには女性ホルモンを活性化させることが1つの方法となるので、バストアップしたい女性はコーヒーの飲み過ぎは控えるようにしましょう。

コーヒー以外も!バストアップを妨げる、カフェインの多い飲み物

 

実は意外にもコーヒーよりもカフェインが含まれている飲み物があるのです。

(1)玉露 150mg

(2)コーヒー 135mg

(3)栄養ドリンク 75mg

(4)紅茶・烏龍茶 30mg

(5)コーラ

カフェイン含有量(150mlあたり)

 

※商品やメーカーにより数値は異なります。

これらの飲み物はバストアップを妨げる可能性もあるので、飲み方には注意が必要です。コーヒーよりも玉露の方がカフェイン含有量が多いのですが、お茶に含まれるタンニンという成分がカフェインの作用を抑えるので、バストへの影響はコーヒーほどではありません。

バストを大きくするためのコーヒーの飲み方のポイント

コーヒーはバストに良くない作用がある一方で、コーヒーの成分によって脂肪燃焼効果や抗酸化作用、女性ホルモンの活性化作用など嬉しい効果もあります。女性にとって美容の面ではいい働きをするため、飲み方を工夫して飲むようにしましょう。

  • コーヒーを飲む場合は1日2杯までにする。
  • コーヒーを飲むときは、お水もたくさん飲むように意識する。
  • カフェオレ(牛乳や豆乳で希釈する)などもオススメ。
  • 朝と夜はホルモンに作用しやすいため、お昼から夕方にかけて飲む時間を調整する。

 

バストに絶対欠かせない飲み物は「水」なんです

 

ここまではコーヒーに含まれるカフェインとバストのお話でしたが、バストアップに欠かせない飲み物は「お水」なんです!!

私たちが食べ物で取り入れた栄養は“血液”によって運ばれますが、身体の中身は60%程水分で出来ています。 この水分が身体から不足してしまうと、血液がドロドロになってしまいます。そうすると、バストアップに必要な栄養素が血液に乗って運ばれにくくなってしまい、バストアップを妨げている可能性があります。バストのためには1日2Lはお水を飲むことが欠かせないのです!

 

飲み物でバストアップするためには

 

お水もそうですが、手軽に育乳のために取り入れられるのが「飲み物」!効果的にバストを大きくする飲み物を3つ紹介します。

豆乳

大豆イソフラボンが女性ホルモンに働きかけるので、大豆を使った豆乳はバストのために飲んでほしい飲み物です。紙パックのタイプは200mlで必要量を取り入れることができるので、飲み過ぎには気をつけてくださいね。

豆乳は成分によって、無調整豆乳・調製豆乳・豆乳飲料の3つに分かれますが、バストアップを目指すなら最も栄養が取れるのが、無調整豆乳になります。調製豆乳や豆乳飲料は甘くてフレーバーもたくさんあり、美味しいですがその分甘く糖分が多くなってしまいます。バストのことを考えると無調整豆乳に蜂蜜や黒糖、バナナなどを入れるのがオススメです。

果汁100%ジュース

普段の食事で食べる機会も少ないのがフルーツ。バストの細胞の材料になるのがタンパク質ですが、そのタンパク質を代謝するのにフルーツに含まれる「ビタミン」が欠かせません。

オレンジ、グレープフルーツ、りんごなどが、バストアップ作用のあるボロンやビタミンCが含まれ、抗酸化作用があると言われています。抗酸化作用によって、バストのアンチエイジングに繋がります♡ビタミンCはコラーゲンの生成にも深く関係しており、クーパー靱帯に必要な栄養素なのです。

でも生のフルーツを毎日食べるのは量も増えますし、手間になります。濃縮還元や果汁○%のフルーツジュースでは加熱処理がされているので、大切なビタミンが壊れていることも。ここで大切なのは果汁100%のものを選ぶこと!果物本来の栄養と美味しさで、効率よくバストアップしたいですね。

プロテイン

最近よく目にする「プロテイン」、「高タンパク」。タンパク質が豊富に含まれるのがプロテインです。メーカーにとって異なりますが、10〜15gのタンパク質量の商品が多い印象です。

バストアップを加速するためには、しっかりと食事から身体の内側の栄養素を整えた上で、プロテインで不足分は補う方法があります!

プロテインには3種類あって、それぞれ原材料と身体に吸収される時間、作用が違います。個人的には、バストが小さい方のお食事は大豆製品が少なくなりがちなので、バストアップにはソイのものをオススメしています

脂肪が少なく、お食事でタンパク質が少ない女性は朝と夜のWプロテイン(12杯!)の飲み方も体質改善には効果を期待できるでしょう。

女性が美味しくて飲みやすいものには「糖質」=「砂糖」が多く使われていたり、乳たんぱく(カゼイン)は消化しずらくて日本人の代謝に合わなかったりするので、そんな方には「オーソプロテイン」が栄養バランスが優秀でバストが育ちます!タンパク質が12g、ビタミンBやアミノ酸も入っているのでバストアップの効果を期待できるプロテインです。気になる方は近くの美人バストに問い合わせてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段からコーヒーが習慣になっている方は、飲み物にも気をつけないとバストを小さくしているかもしれませんね。

コーヒーなどのカフェインの飲み物から、バストアップを効果的にする飲み物にチェンジしてみてください♡あなたの取り入れた栄養でバストは作られますよ。

この記事を書いたサロン

– 美人バスト本店– 

東京吉祥寺にある美人バスト本店です。 バストアップ施術の他、フェイシャルやダイエットメニューも取り揃えています。美人バスト技術を導入したい方はスクール事業にお申込みください。 CONTACT

- CATEGORY -

All blog